FX取引初心者の方がFXの要所を見つけるには、第一に実戦を積んでいく事が大事です。kachidoki

特に、未然に危険を気付くようにするためには負けを積むことも重要です。アクアデオ

言うまでも無く、ミスをするといっても持ち直せないほど決定的な失敗をしてはいけない。アマゾン 通販【本やDVD】インターネット注文・商品検索-zocojp

やり直せるぐらいの損を幾度か実践する事が最後に己の場数を増やす事が出来ます。

それを考えると、まず最初は少ない額で投資してこれで幾度か小さめの失敗をすることをおすすめする。

一例として、100万円だけしか投資できない状態で、深く考えずに100万円を全額投じて注文すると損した時今後立ち直れなくなってしまう心配があります。

そのため、たとえば1割ずつ注文して、これによって売買を体験した方が、間違いを埋め合わせる技術なども身についていくはずである。

最初は少額で売り買いする事の長所は先に言及したように、己の経験値を高めマイナスをコントロールする方策を習得していく事にありますが一緒に、トレードの回数を増やす事で、不確実性を少なくできるという長所もあります。

たとえば、1回限りのエントリーで勝てる確率が二分の一だと考えます。

言い換えると、同じ条件で負ける危険性もあるということになります。

勝率5割ということは。

2回に1回の可能性で勝てることを意味している。

しかし、全財産をつぎ込んでただ1回の取引をするということは勝つか、負けるかのどちらかだけになってしまいます。

このままではたんに丁半バクチと同じです。

それは全ての投資資金をつぎ込んで1回しか売買しないと大損するリスクが高まってしまいます。

だからこそ、投資資金を1度に全部投じるのではなく、何度かに分けて、チャンスを積み重ねる事が危険性を減らす事になります。

同時に何度かに分けたとしても全てのトレードでプラスにする事は大事ではありません。

というか、勝てないのが現実です。

トレードで重要なのは勝率ではなく、いくらプラスに出来るかです。

勝率が2分の1でも仮に勝率3割でも儲ける事は出来ます。

それ以上負けても損失が少なければ、少ない勝利の利益の大きさで相当儲ける事が出来ます。

そのために重要な事は、損失を少なく、利益を大きくを忘れない事です。

損失が出たら間髪を入れずロスカットして、勝てる場合は上手く儲けることが、外為取引初めての方がFX取引で勝利するための極意といえる。