車を買取りする時には場合によっては委任状が必要なことがよくあります。それでは委任状とはどういうものなのかや現実にどのような状況で必要になるのかを解説していきます。

委任状とは委任状は車の名義変更の時に当事者がその場に同席できないときに、その代わりに違う人に依頼するということをオフィシャルに記載した書面です。要は違う人に任せてあるという旨を、この書面で証明するということです。必要になる場合委任状が要るケースというのは、中古車買い取りの際に、買い取られる車の持ち主である当事者が同席できないケースです。車を引き取るというのは、名義が変わることを意味するのです。これは前の持ち主、それに変更後の持ち主両者ともしなければならない手続きですが場合により手続きが進められない場合もあります。そして本人がそこに立ち会うことができないけれど名義変更手続きをする必要がある際は必ず委任状がなければなりません。名義を変える手続きを代行してもらうということになった場合に委任状が要るということになります。中古車買い取り店やディーラーの場合必須買い取り店や中古車ディーラーでの車買い取りというプロセスが、一番通常考えられうる車の売却をする際の手法です。また、このような売却先はまずほとんどの場合名義変更手続きを代わりに依頼できます。名義変更手続きを代わりに依頼できるのでややこしい手間がなくせるもののそのときに用いられるのが本人の委任状なのです。自動車買取専門業者やディーラーが準備した委任状に署名捺印する形が一般的です。普通は欠かせない文書買取の際の委任状はどのようなケースでも必要とは限らないものの、手放したクルマの名義の変更に出向くことができる人というのはまずいないではないでしょうか。当然知り合いに対する売却で手続きに二人で立ち会うことができるのであればいいと思いますが、そうでないケースのほうが圧倒的に多いです。ですから基本的に委任状の書類は売買時の欠かせない書類です。自動車買取とそれにかかわるリサイクル料のことはそんなに知っている人は多くないと思いますが、自動車には「自動車リサイクル料」というものを支払う義務があります。ではリサイクル料について説明しましょう。

自動車リサイクル料に関して自動車リサイクル料という料金は今から7年前に施行された自動車リサイクル法という法律で決められたものです。クルマを環境に悪影響を与えないように廃棄するために、所有者が支払う税金です。リサイクル料の料金車の所有者にかかる自動車リサイクル料は、車のメーカーやETCがあるかなどクルマそれぞれで上下します。通常は2万円以内くらいで収まります。装備によって額は異なってきますが車検の時に支払う場合、出荷時の装備に準じます。自動車リサイクル料の支払い自動車リサイクル法は平成17年1月から出来上がりました。ですので、2005年1月以降に新車で車を購入された方はもう新車の購入時に払っています。また、その時点より前に購入した場合は車検時に払う形になります。さらに、もう払っている自動車を買う時には、購入時にリサイクル料を納めなければなりません。要は最後の所有者が支払うことになります。リサイクル料の車売却の時の処置自動車を手放す場合には、リサイクル料は返還されます。と言いますのも、自動車リサイクル料が支払い義務の発生する時点での持ち主に納付責任がある料金であるからです。なので、リサイクル料が既に納付済みの車でしたら、支払い義務の発生する時点での持ち主が変更になりますから、売却際に払っているお金が返金されます。ただ廃車にした場合は返還されないということに注意してください。