事故は事故と他人が関わった事故があります。自分自身だけの事故のケースでは、自分で事故の対応をするだけで完了しますが、他者に影響を与えた自動車の事故は各々にどれだけの過失が存在したのかをチェックしてこの状況によって乗用車の修理費や示談金の金額等が決定しますので、自動車の保険会社の担当の人にも参加してもらい調整が必要不可欠です。大多数の自動車での事故の時、自分だけでなく相手にも多少の損失がある場合が大部分でどちらかだけの間違いだというケースは少ないようです。当然の事ですが信号無視や一時停止でもそのまま進んだなどの交通違反によって起きた事故はかなり重大な手落ちになりますが被害を受けた側にもミスがあると判断されます。車での事故の状況では誰の過失で起こったかという結論が非常にポイントにされるのでその判断を数値で示したのが『過失割合』になります。一例として、先ほど述べた赤信号無視や一時停止無視ケースでは、交通法上事故を起こした側に全ての手落ちがあると考えられますがその場面でその自動車が正面から来て自分の目で確認できる場面だとすれば事故の被害者でも注意が足りないとされ1割ほどの間違いがあると認められる事もあります。つまりこの状況では加害者が9割、自分1割の過失の割合と決められ間違いが大きいとそれだけの手落ちが問われる事になるのです。そしてこの過失割合はそれ以前の自動車事故の判例を参考にして決められるケースが大半で、日弁連の交通事故相談センターから発表されている表がものさしとして使われています。このような過失割合で、数字が高ければ高いほど責任要するに賠償金も大きくなるので、交渉は本人達だけでなく保険屋さんの係りの方に参加してもらってきちんと調整することが必要です。